電気通信大学大学院 情報理工学研究科 佐藤 証 教授 | 人工知能・IoT・ビッグデータ分野における産学連携マッチングフェア
Just another WordPress site
Tweet


電気通信大学大学院 情報理工学研究科 佐藤 証 教授

  • HOME »
  • 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 佐藤 証 教授
出展者名 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 佐藤 証 教授
分野 都市型農業・スマートアグリ・IoT
出展内容
ビルの屋上やベランダ等に緑のスペースを創出し、栽培・収穫を楽しみとして提供するサービス産業化を目指した『都市型農業』を推進しています。水耕栽培にIoT技術を活用したセンサー制御システムを導入し、スマートフォンやAIスピーカー等で生育環境をモニター・管理しながら、トマトを中心にいちごやメロンなど様々な作物を育てています。小学校、病院、高齢者施設、商業施設、オフィスビルなど様々な建物に低コストで設置が可能です。
出展詳細
ビルの屋上やベランダ等に緑のスペースを創出し、栽培・収穫を楽しみとして提供するサービス産業化を目指した『都市型農業』を推進しています。水耕栽培にIoT技術を活用したセンサー制御システムを導入し、生育環境をモニター・管理しながら、トマトを中心にいちごやメロンなど様々な作物を育てています。小学校、病院、高齢者施設、商業施設、オフィスビルなど様々な建物に設置が可能です。また、地域連携による地元企業とのケーキ・ジャムなどの加工食品開発による6次産業化、や子供食堂への提供も行っています。

非常に軽く設置が簡単で、ホームセンターで入手可能な部材が使えるため低コストという特徴もあります。水耕栽培の特徴である連作障害がないこと、土壌や地下水を汚さないことはもちろん、虫の少ないビルの屋上では化学農薬を一切使用しない栽培が可能になります。養液循環用のポンプは小さなソーラーパネルで駆動することができ、極めてエコでクリーンな農業が実現できます。
屋上緑化やイベントスペースの創出を目的とした比較的大きな施設から、個人のベランダでも設置できる小型プランターまで様々なタイプの装置を開発・運用しています。本格的な事業化に向けて、スマートフォンやAIスピーカーを用いたユーザインタフェースの改善、新しい機能の追加、コストダウン等を続けています。

PAGETOP