東京電機大学 システムデザイン工学部 情報システム工学科 小川 猛志 教授 | 人工知能・IoT・ビッグデータ分野における産学連携マッチングフェア
Just another WordPress site
Tweet


東京電機大学 システムデザイン工学部 情報システム工学科 小川 猛志 教授

  • HOME »
  • 東京電機大学 システムデザイン工学部 情報システム工学科 小川 猛志 教授
出展者名 東京電機大学 システムデザイン工学部 情報システム工学科 小川 猛志 教授
分野 LPWANによるIoT無線ネットワーク、動画著作権管理
出展内容
IoTマシン向けに、極めて通信費用が安価なLPWANが注目されています。ところが、マシンの機能追加など、LPWANでは送信出来ない大量データの送受信が必要になる場合があります。本展示会では、スマートフォンを活用したWiFiマルチホップ通信により、マシンとクラウド間でそれら大量データを低コスト・低消費電力で転送する技術を紹介します。また、ネットへの動画不正コピー流出の防止を目的として、サーバ型と同等な著作権管理を、低コストなP2P通信で実現する技術もご紹介します。
出展詳細
【LPWANを活用したIoT大量データ転送技術】
極めて狭帯域ですが通信費用が安価な、LPWAN(Low Power Wide Area Network)が注目されています。 LPWANをIoTマシンとクラウド間の通信に適用することで、画期的に低コストなIoTサービスを実現できる可能性があります。ところが、通常は少量のデータ通信のみ必要なIoTサービスでも、マシンへの機能追加やセキュリティ対策、マシンからの保守データの収集など、LPWANでは送信出来ない大量データの送受信が必要になる場合があります。本展示会では、スマートフォンの専用アプリとクラウドが連携し、通信費用のかからないWiFiマルチホップ通信により、様々なマシンとクラウド間でそれら大量のデータを低コスト・低消費電力で転送する技術を紹介します(図1)。

スマートフォンのユーザがインストールを許可すれば、ユーザの操作不要で、通勤経路上のマシンへのOS更新や、ログ情報の回収がいつの間にか実現されます。またロケーションベースARゲームに仕立てて、ユーザが楽しみながらマシン近辺への移動やデータ転送を行うサービスのイメージも紹介します(図2)。

【著作権管理可能なP2P動画配信技術】
ネットへの動画不正コピー流出の防止を目的として、動画画面をキャプチャされても流出元を特定可能な配布IDを人間の目には見えないように埋め込む電子透かし技術が実用化されています。本技術は動画視聴者のそれぞれに異なる電子ファイルの配信が必要なため、これまでは、高価な動画配信サーバを多数準備する必要がありました。本展示会では、異なるIDを埋め込んだ小数の電子ファイルを分割してP2P型通信により端末間で交換させることで、サーバ型と同等な著作権管理を、低コストなP2P通信で実現する技術をご紹介します(図3)。
PAGETOP