静岡大学 情報科学科 峰野 博史 准教授 | 人工知能・IoT・ビッグデータ分野における産学連携マッチングフェア
Just another WordPress site
Tweet


静岡大学 情報科学科 峰野 博史 准教授

  • HOME »
  • 静岡大学 情報科学科 峰野 博史 准教授
出展者名 静岡大学 情報科学科 峰野 博史 准教授
分野 人工知能×農業
出展内容
熟練農家の持つ暗黙知を定量化し形式知化する農業AIを研究しています。経験や勘に頼っていた農業を効率化し負担軽減することを目指し、比較的計測の容易な非破壊データである草姿画像と環境データ(温湿度、明るさ)のみを入力することで、培地量や品種に関係なく葉のしおれ具合に応じた適切なタイミングで自動給液制御可能なシステムを構築できます。与える水の量を調整した高品質な農作物生産や、生育状態を制御した計画生産などへ応用させられると考えます。
出展詳細
熟練農家の持つ暗黙知を定量化し形式知化する農業AIを研究しています。経験や勘に頼っていた農業を効率化し負担軽減することを目指し、IoTやAI(機械学習、深層学習)といった情報科学アプローチを用いてソフトウェア的に植物のしおれ具合を高精度に検知できるしおれ検知ソフトセンサを研究開発しました。比較的計測の容易な非破壊データである草姿画像と環境データ(温湿度、明るさ)のみを入力することで、培地量や品種に関係なく蒸散過多に基づく適切なタイミングで自動潅水制御可能なシステムを構築できます。カメラやセンサ類の電源を得られる施設園芸環境や家庭菜園などであれば、本技術を気軽に導入できるだけでなく、AI部分をクラウド型サービスとして展開すれば、インターネットを介して世界中でしおれ検知ソフトセンサに基づく自動潅水制御システムを普及させられるかもしれません。与える水の量や養液濃度、しおれ度合いの設定を調整すれば機能性向上や高糖度化といった高品質な農作物生産や、生育状態を制御した計画生産技術の向上などへ応用させられると考えます。
PAGETOP