電気通信大学 大学院情報理工学研究科 小木曽 公尚 准教授 | 人工知能・IoT・ビッグデータ分野における産学連携マッチングフェア
Just another WordPress site
Tweet


電気通信大学 大学院情報理工学研究科 小木曽 公尚 准教授

  • HOME »
  • 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 小木曽 公尚 准教授
出展者名 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 小木曽 公尚 准教授
分野 製造業IoT化×サイバーセキュリティ対策
出展内容
工場やプラントなどモノづくり産業におけるIoTインフラの整備や自動車の電子制御など、制御系のネットワーク化が進んでおり、それに伴ってセキュリティ強化も重要視されています。そこで、従来のセキュリティ技術の概念のように通信経路を暗号化するだけでなく、制御器での処理までもリアルタイムに暗号化する技術を研究しています。ハードウエアの追加は不要です。これにより、中小製造業でも工場のIoT化を、セキュリティを確保したまま取り組むことができます。
出展詳細
 産学連携マッチングフェアでは、自動制御システムのセキュリティ対策として期待される“暗号化制御”のデモンストレーションをおこないます。我々の研究チームでは、IoT技術の普及により自動制御システムがネットワーク化され、様々なサイバーセキュリティ対策を選べることが常識となる時代に備え、公開鍵暗号理論にもとづく制御システムの秘匿化技術の開発を進めています。この暗号化制御(制御理論と公開鍵暗号理論の融合)は、小木曽准教授らが2015年に制御工学分野で最も権威のある国際会議(54th IEEE Conference on Decision and Control)にて世界で初めて発表した概念・実装技術であり、これにより制御システム独自のセキュリティ対策および攻撃検出機能を実現することができるようになりました。


 暗号化制御の特徴は、伝送信号の暗号化だけでなく、制御アルゴリズム内のパラメータ等も暗号化するために、制御コントローラおよびその入出力信号すべてを秘匿化することができます。つまり、制御コントローラ内部では、暗号文のままで演算処理がおこなわれるため、復号時に用いる秘密鍵を制御装置で保持・管理する必要がなく、秘密鍵の管理コストが下げられます。また、この秘匿化による制御性能への影響は、公開鍵暗号方式のパラメータで調整が可能であり、限定的です。さらに、この技術は、悪意のあるユーザによるサイバー攻撃を受けた場合、リアルタイム攻撃検出器としても機能し、早急にまたは自動で攻撃時の緊急対策スキームに切替えることができます。加えて、センサやアクチュエータなどのノイズには、反応しない仕組みになっています。



現在、我々の暗号化制御をセキュリティ対策技術として確立・普及させるために、技術基盤となる実装理論や応用事例の拡充を進めています。たとえば、動的に鍵を管理する仕組みを織り込むことで、暗号解読をより困難にする方法や攻撃検出の精度向上、また、特殊な産業機器での実証実験などが挙げられます。これらの研究開発を通して、国産技術としての暗号化制御を世界に普及させ、より安心かつ安全な制御技術を実現させたいと思っています。本研究にご興味のある企業様、並びに、研究者の皆様、共同研究・開発は、歓迎いたしますので、遠慮なくお声をかけて頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
PAGETOP