山口大学 大学院創成科学研究科 中島 翔太 講師 | 人工知能・IoT・ビッグデータ分野における産学連携マッチングフェア
Just another WordPress site
Tweet


山口大学 大学院創成科学研究科 中島 翔太 講師

  • HOME »
  • 山口大学 大学院創成科学研究科 中島 翔太 講師
出展者名 山口大学 大学院創成科学研究科 中島 翔太 講師
分野 IoT×見守り、安全移動支援
出展内容
高齢者の見守りシステムでは、個人情報を保護しつつ離れた場所からも被介護者の状態を把握できるIoTが有用です。そこで、自然光から得られる一次元輝度分布のみを用いた異常状態の検出が可能な非接触・非拘束、低コスト、プライバシーを侵害しない見守りシステムを紹介します。また、超音波センサを用いた車椅子や白杖等の移動補助具を安全に利用するための技術についても紹介します。この技術は、段差や障害物の検知だけでなく、砂利や砂地、芝生などの危険な路面も判別可能です。
出展詳細
【見守りシステム】
近年、コンピュータの高性能化やIoT技術の発展に伴い、監視カメラによる人物状態の異常検知を行う見守りシステムが数多く開発されています。しかし、カメラで撮影されることに不快感を覚える人も多くプライバシーの問題が残されています。
本技術は、2次元画像を取得せず、電波も発しないため、見守られる方の心理的な負担を軽減できる見守りシステムです。センサ装置はシリンドリカルレンズとラインセンサからなるシンプルかつ安価な構成で、非接触かつ非拘束でリアルタイム監視や異常状態の検出に利用できます。そのため、独居家庭・トイレ・老人ホームでの利用やコミュニケーションロボットへの実装が可能です。


【安全移動支援技術】
本技術は超音波センサを用いて、車椅子や白杖等の移動補助具の安全な利用を実現します。本センサは、段差や壁、障害物の検知だけでなく、補助具の利用者が侵入すると事故につながる可能性のある砂利や砂地、芝生などの危険な路面も判別が可能です。
さらに、本センサを移動補助具へ装着する際には、センサ自身の姿勢やセンサと路面の位置関係を自動で認識するため、使用開始時のキャリブレーションが不要となっています。そのため、車椅子やシルバーカー、シニアカー、歩行器、白杖など移動補助具の種類によらず簡単に装着して利用することができます。

PAGETOP